侮れない海です ランカヤン

Last update : 02 Dec. 2003

 


サンダカンの沖にあるこのLankayan Island Dive Resort は、PSRが開発した島です。
大物遭遇度は低いのですが、そうでもありません。4月と9月はジンベイザメ目撃もあります。
バラクーダなどの大物はあちこちを廻っているようで、どのダイブサイトで何に会うかは決まっている訳ではありません。
実は、2002年10月の雑誌タイバー取材に同行したときには2m以上あるカンムリブダイを見たのです。私しか見てない。

リゾーターにもお勧めです。2003/3/01、サバ州から、サバ州最高の観光旅行目的地として賞されました。
THE BEST TOURISM DESTINATION, THE BEST GENERAL TOURIST ATTRACTION

ランカヤンの魚とリゾートの様子は、「Lankayan Island」 。ご夫婦でランカヤンに通っているお客様のページです。

ピグミーシーホースも居ます。

 


1999/10/19 14:22-15:09 47 Min. Max.22.4m 水温29℃

ロストリーフは、ボトム25m、トップ15m位の大きな隠れ根です。 エントリーしたすぐ下にバラクーダの群。それも2種類。 ギンガメアジの群ががそのへんをうろうろしている。 と思えば、小型のカスミアジが群れてる。(なんでカスミアジまで群れるんだ) アミルソンが指差すから、岩の間を一生懸命探すが、何もいないじゃないか と思ったら、岩でなくスティングレイだった。 この他、大物は鮫もどきなコビア、2mはあるジャアントグルーパー、コブシメなど、あとからあとから、何でも出てくる大サービス。

Jawfish
顔が6cmもあるジョ−・フィシュ。(Photo by NABEちゃん)

 

リゾートのホームページはプロウシパダンリゾートのページから。

2002年4月もランカヤンで潜りました。魚が増えています。

2002/04/29 08:37-09:18 41 Min. Max.20.54m 水温29℃

ランカヤンレックは桟橋からボートで5分のポイント。
透明度は良くないのですが魚が多い。以前より増えています。
ブイとアンカーラインに沿って潜って行くと、アンカーラインに1mほどのハタが付いている。
ゴーストパイプフィシュや ウミウシも居ます。
今回は、別のポイントでレパードシャークも見ました。

 


まずはバラクーダ
大きなエイもいます
エビです

コブシメです
イザリウオ
ブラックチップ

 

 それでは、まだダイビング雑誌には取り上げられていないランカヤンの魅力をご案内してみましょう。

モデル日程はココ をクリック

 

///// コレがランカヤンのお勧めポイント (2002/5/05改定)/////

大物も居る、魚影豊富

最近見てませんが、ギターシャークが居るはず、ホントに体がギターのような形です。
ツバメウオも群れてます。20匹位で群れてます。カンムリブダイも見ましたよ。
2002年4月はレパードシャークと、大きなエイも見ました。
ロブスターも大きいのが居ます。
今年は出ませんでしたが、2年続けてジンベイザメが見られました。(3.4月)

小物は、そこら中ハゼだらけ
桟橋のすぐ脇は、まるでハゼの林です。ブラック、イエロー、グレイと3種類が見渡す限り。
何と言っても、小物のなかの一番は、顔が6cmもあるジョーフィッシュ。スタッフから話しを聞いたダニーさんも最初は全く信じなかったそうです。3ヶ所4匹確認されています。
あとは、自分で探そう。ハナヒゲウツボやカニハゼも多いです。
楽々ダイビング
ポイントはどこもボートで10分以内、近いです。ビーチのハゼならショップの目の前。
桟橋の下にもいろいろ居るのでお忘れなく。
ダイビングのアレンジ可能
1日3ボートダイブ、無制限ショアダイブが基本です。
今ならポイント、ダイブスタイルなど、ご希望に応じたアレンジが可能です。
ファミリーにお勧め
何組か、ファミリーダイビングのお客様をお世話させていただき、好評でした。Island
1島1リゾートで、ファミリー向きの5〜6人収容できる部屋タイプもあります。
時差は1時間だし、食事は中華風だから抵抗は無いし、桟橋の廻りは遠浅のビーチですし、とっても楽です。
スタッフにちょっとの間お子様を預けて、ご夫婦でのダイビング参加も可能です。
食事が美味しい
島に行く途中で、漁船から魚や蟹、海老を買います。これが夕食に並びます。
静かな島の滞在
一島一リゾート、16室になりました。全室温水シャワー付きです。

欠点としては、サンダカンからのボートが1時間以上掛かる事と透明度でしょう。
運が良ければ透明度25mです。

 

安全性について

現在のサバ州東側海域の海上及び島嶼部は、海外安全情報で「渡航の是非を検討して下さい」となってています。
マレーシア政府は、各リゾートにはコマンドを配備し、海には哨戒艇、空には哨戒機を置いて警備をしています。 アブサヤフは、マレーシアと戦争をしている訳ではないので、これで十分に抑止力にはなってるでしょう。 2001年の5月はその為か、アブサヤフはフィリピン国内、パラワン島のリゾートを襲撃しました。

判断はあくまでもご自身でお願いします

 


ご旅行日程
シパダン/カパライと同様、成田、関空、名古屋、福岡空港から出発の8日間が標準です。

日       程

食 事

1

 成田  朝又は午後発(毎日)(月・木はコタキナバル直行便)
 名古屋朝発(水・土・日)
−クアラルンプール−コタキナバル=ホテル
 関空  朝発(月・水・木・土)
 福岡  朝発(水・日)

コタキナバル 泊 


昼:機内

夜:機内

2

 早朝:ホテル=コタキナバル空港−(40分)−サンダカン=(20分)=
      ヨットクラブ〜(75分)〜ランカヤン
(午前着)

  到着後、チェックダイブ
  午後のボートダイブには参加できます

ランカヤン 泊 

朝:ホテル

昼:

夜:

3
4
5
6

  4日間ダイビング。1日3ボートダイブ+無制限ビーチダイブ
  ナイトダイブも追加費用はありません。

ランカヤン 泊 

朝:

昼:

夜:
7

  朝 :朝食後、ボートでサンダカンへ。
 到着後:サンダカンで自由行動 又は オランウータン・リハビリテーション・センター見学
 セピログ・ネイチャー・リゾートで昼食、休憩。その後空港へ。

 サンダカン−コタキナバル−クアラルンプール−

機中 泊

朝:

昼:

夜:機内
8
   
  成田  朝着(毎日)月曜・金曜着はコタキナバルから成田直行です。
名古屋朝着(水・土・日)
  関空  朝着(月・水・木・土)
 福岡  朝着(水・日)

朝:機内


 

 

ランカヤン・セピロクの選択

2003/4/01から部屋タイプにより滞在費が異なります。
独立型コテージタイプの部屋は2階建て長屋タイプの部屋より1泊1名2,000円程度の料金アップになります。

1日前にサンダカンに戻り、 セピログ・ネイチャー・リゾートに1泊することもできます。
ここは、オランウータン・リハビリテーション・センターの隣にあります。
広い敷地の中にコテージ(エアコン完備、温水シャワー、バスタブ付、)が点在し、庭には沢山の蘭の花が咲き乱れています。
「最後の1泊はノンビリしたい」とか、「折角だからあれこれ見たい」とか、「 ダイビングだけじゃないぞ!」 と言う方にオススメです。 (ご旅行代金は同じです)

オランウータン・リハビリテーション・センターは、人間に飼育されてしまったオランウータンを自然に帰す為の物です。 ビデオを見たり、説明を受けた後、いよいよオランウータンとご対面。
当然ですが、手を触れたり、餌をあげたりする事は禁止されています。

 

 

最初に戻る

お問合せの頁へ

ホームページへ

Ascent Company Copyright (C) Y. Kawakami 2001-3