ミリ&ムル at マレ−シア・サラワク州

Edit & published on 20 June from MIRI.
Last Modified : 25 August 2002

 


6月16日からマレーシア政府観光局の研修旅行に参加して、ミリでダイビング、ムルでは洞窟見学です。
現地からレポートお送りしてます。

Photo & text by Y.Kawakami
Camera Sanyo Malti-z+DIV HOUSING

Links

リーガロイヤルホテル・ミリ
ロイヤルムルリゾート
Asian Diver "MIRI SARAWAKU"
セリダンムル ツアー&トラベル
マレーシア航空
マレーシア政府観光局


 

 

今日の朝日本を出て、今日の夜はミリに着く。これが一番のメリットでしょう。
帰りは朝ミリを出れば夜成田に帰国。夜行便ならムルを午後出て、翌朝帰国可能です。

1日目は移動だけなので、途中の食べ物でもご紹介します。
これは、クアラルンプール空港での待時間に寄ったエンプレスホテルで。

南国はフルーツ

名物のサティ

 

日本を朝出て、当日夜にはミリに到着。
ホテルは日系のリーガロイヤル。 高層ビルではありませんが、なかなか豪華です。

シャレータイプの部屋もあります

プールはマレーシアで一番です


さて、問題は海ですよね。
今回は、2日間、3ダイブしかできませんでしたが、なかなか良いスポットを見せてもらいました。

サンゴの豊富さが売り物かな

ウミウシもいろいろ居ます

 

上の写真じゃ、ちょっと考えちゃいますか。
下の写真なら、撮影者の手腕を考えれば、写ってるよりもっと良い海だって事が判って頂けるでしょう。
とにかく透明度が良いです。久々に気持ちの良いダイビングでした。

可愛いバラクーダの群れ

大きなシーファンが沢山

結構大きなツバメウオ

イソギンチャクも多いです

 

 

 

いよいよ、これからは山です。
マレーシア航空のツインオッター機で、ムルまで約30分。
ここには、同じリガロイヤルホテルグループのロイヤル・ムルリゾートがあります。
ここに泊まって、鍾乳洞見学に行くのです。

 

ロイアルムルリゾ−トは素晴らしいホテルです。
よくもこんな場所に、こんな立派なものを作ったものだと感心します。全部で188室。 (なのに、フライトは1日19人乗りx4便しかありません)

写真には写ってませんが、ジャグジー付のプールもあります。

ほとんどの観光客が1泊2日で鍾乳洞(ラングケイブ、ディアケイブ、クリアウオーターケイブ)を見て廻るのですが、ここはちょっと日程の贅沢をして、もう1泊 か2泊して、「何もしない」と言う贅沢はどうでしょうか?
費用的には決して贅沢ではありません。 (ほとんどホテルの回し者のような私)

 

 

 

Thanks to Rhiga Royal Hotel, Maraysian Airlines and Scuba Sarawak.

 

 

最初に戻る

お問合せの頁へ

ホームページへ

Ascent Company Copyright (C) Y. Kawakami 2001-3