ASCENTSQT
We make it betterr.

2016. 5.19

2016年5月に行ってきました

コモド諸島ダイビングの研究

どう潜る? リゾートか クルーズか ラブアンバジョ滞在か   

TOP
お問合せフォーム
ダイビングツアー
観光・ビジネス旅行
お申し込みの前に
会社案内
English

 そもそも、マクロなのか? ワイドなのか

 しばらく前までは、マクロなのかワイドなのか判然としなかった。ある人はマクロと言い、ある人はワイドだと言う。潜った時期と場所で違うのですが、一人が一度行っただけの感想に反応してたって事でしょう。

 時期はいつが良いか、これは判っています。サバンナ気候で雨は少ないのですが、11月中旬から3月は天候に恵まれません。他の場所に行くことを検討した方が良いでしょう。と言っても昨今は気候不順なので何とも言えませんが。

乾燥したサバンナ気候

 コモド諸島の南部は南極側からの海流で低水温、逆に北側は赤道からの海流で高水温となり、複雑な海流、ダイナミックな地形、群も小物もと言う多様な生物層と魅力がいっぱいです。

 肝心のコモドドラゴンをご紹介しないといけませんね。
絶滅危惧種に指定されたコモドオオトカゲ(通称コモドドラゴン)です。TVでイモトアヤコが競争?していたやつです。 噛まれると危険ですが島は国立公園に指定され、保護して育てているので突然襲われる心配はありません。(多分)
 これを見たいからコモドに行こうと言うダイバーは多くないと思いますが、午前に1〜2ダイブして午後にコモドドラゴン見学は、フライトまで24時間空けるのに最適です。

コモド諸島のダイビングスポットはアグレッサークルーズの地図が判りやすいです。

 

 一番のお勧め、街に近いリゾートに滞在、高速ボートでデイトリップ

 スピードボートでコモド島北部、リンチャ島とコモド島南部、フローレス島北部を潜る。
 空港から20分、港から10分、と言ってもビーチサイドに建つリゾートホテル。プールもビーチもあります。繁華街の中ではないので夜な夜な外出ということにはなりません。
  でもダイビングサービスのスタッフは「夕刻から魚市場の隣にずらっと並ぶ屋台」や「市内のおしゃれで味も抜群なイタリアン」をご案内します。ホテルのレストラン以外での食事もお楽しみ頂けます。

 ダイビングサービスは コモドアクア。  400馬力25ノットの高速ボート「コモドファースト」
 お勧めの滞在は Laprima Hotel です。(地図で見る)

コモドファースト号
Laprima Hotel

 

今回お世話になったのは
ビーチサイドの
Bintan Flores Hotel
ここが一番高級らしい。

ラプリマホテルの並びです。

 

 滞在は島のリゾートじゃなくちゃ、となれば

 以前から使っていた、KOMODO RESORT diving club。コモド島とラブアンバジョの中間にある Sebayur島にあります。名前の通りのダイブリゾート。ナイトロックスもあります。(地図で見る)

ダイビングパッケージがあります。
デラックスルーム、2名1室、4泊7ボートダイブ、滞在中の食事付き、空港送迎含む。
 お一人 IDR 12.145.000-(11万円前後)。1泊2ダイブ追加はIDR 3.115.000-(28,000円程度)
  Sebayur島とラブアンバジョの間は1日1回無料送迎。
  Sebayur島発 07:30、ラブアンバジョ発 12:45。

 今回見せてもらったのは、Plataran Resort Komodo。ラブアンバジョの北、空港から車とボートで小一時間のビーチサイドのリゾートです。出来てまだ二ヶ月とか。あんまりダイビングには力を入れてない感じです。料金や詳細が届いたらアップしますが、コモド島、リンチャ島のポイントまで遠いのをどうカバーするか?ちょっと難しそうです。(地図で見る)
  Webだと滞在費は1泊朝食付き、お一人US$294.00+税金サービス料 21% でちょっと高い。
返事が来ましたがやはり高いかな、リゾート滞在+最低2泊のクルーズがお薦めのようです。

レストランのあるデッキ。客室は写真の奥になります。

 

コモド島の北部にあるCASTLE ROCKは小魚の群にロウニンアジがアタックする明るい大物系ポイントです。 コモド島南部にあるMANTA ALLEYにはマンタのクリーニングステーションがあります。ホワイトマンタ、ブラックマンタが見られます。 リンチャ島南部のHOURSESHOE BAY はソフトコーラルとマクロな被写体のポイント。11〜2月の海が荒れる時期でも穏やかです。

 

 ダイブクルーズ船は沢山あります

 毎日毎日ポイントまでのボートの時間が長いのはイヤ、となればダイブクルーズです。
ゆったり帆船(インドネシア伝統の輸送船 Pinishi Schooner 型)で廻るか? 船足の早いクルーズ船でさっと廻るか?このあたりが選択しどころです。
 小型の船なら6人程度からリーズナブルな料金でチャーター可能です。
日系のクルーズ2社の他、欧米系やインドネシア系のクルーズ会社のご案内のページを作ってありますこちらから御覧ください

小型で高速なクイーンネシア
Dive Komodo の NUSA TARA

 

 基本日程

 船足の早いボートを使えばラブアンバジョ3泊、足掛け6日間の日程が組めます。

 

 行       程

備 考

日本発 --> バリ島 = ホテル

バリ(1泊)

2

ホテル = 空港 --> ラブアンバジョ = そのままダイビングに (2ダイブ)

ラブアンバジョ
(3泊)

3

スピードボートで3ダイブ

4

スピードボートで2ダイブ + コモドドラゴン見学

5

午後: ラブアンバジョ空港 --> バリ島 =
     (ホテル休憩、市内観光、エステなど)
--> 夜行便で出発 -->

機中泊

6

--> 各地に帰着

 

6日間の日程で7ダイブ可能です。
島のリゾート滞在にはもう1日欲しいです。

 

クルーズならもう1日増やして7日間で

 

 行       程

備 考

日本発 --> バリ島 = ホテル

バリ(1泊)

2

ホテル = 空港 --> ラブアンバジョ = クルーズ船乗船 (2ダイブ)

クルーズ船
3泊

3

クルーズ船で3ダイブ

4

クルーズ船で3ダイブ

5

クルーズ船で2ダイブ + コモドドラゴン見学 ラブアンバジョへ

ホテル1泊
6

午前又は午後: ラブアンバジョ空港 --> バリ島 =
     (ホテル休憩、市内観光、エステなど)
--> 夜行便で出発 -->

機中泊

7

--> 各地に帰着

 

 日程にもっと余裕をがあればピニシスクーナー(木造帆船型クルーズ船)選択もあります。
 バリ島発着土-土で7泊クルーズのMermaid II もあります。

 

 

Copyright (C) Ascent Company Limited, All Rights Reserved.