JALチャーター便利用か パラオ コンチネンタル航空利用か

Last update 04 December 2008  

 


ブルーコーナーではサメ、ナポレオンフィッシュ、バラクーダ、ロウニンアジ。ジャーマンチャンネルではマンタ。地形派にはブルーホールに注ぐ幻想的な日の光を。パラオは大物派のメッカです。

毎日出発可能なコンチネンタル航空で自由な日程を組むか? 【日程表】
JALチャーター便 を使って直行便で行くか?【日程表】

 


お勧め1: 2ダイブ後にビーチダイブ

ボートダイブでもマクロは可能ですが、知らないうちに頭上をマンタが通り過ぎていってたなんて話も聞きます。マクロダイビングはビーチで!!!

お勧めは、FISH&FINSの無制限ダイビング 日本語Web 英語Web

無制限ダイブと言ってもシパダンのような「ビーチエントリー潜り放題」ではありません。 1日2ボートダイブの後、ショップ前のハウスリーフでお好きなだけ、追加料金なしで潜ることができます。 (最大水深7m・残タンク利用)
右の地形図をお受け取りの上、ガイド同行でエントリー、水中でも一通りのガイドを受けたら、あとは、お好きなだけ写真やビデオをお撮りできます。
日本人ガイドは、カープアイランドから移ったヨーコさんがいます。

この他、スプラッシュではパシフィックリゾートの砂浜でビーチダイブが、アクアマジックではマラカルセントラルホテル前でのビーチダイブができます。(有料)
 

お勧め 2 ちょっと違った滞在

ベストやはりブルーコーナーかな


ダイブクルーズに乗る

Aggressor は7泊クルーズ、ダイビングは5日半 (英語Web)

Ocean Hunter はもっと長期のクルーズ (英語Web)

Big Blue Explirer はエンリッチ・エアー装備 (英語Web)

コロール以外島に滞在する

カープアイランド (当社近藤の体験レポートです)

ブルーコーナーなど人気のポイントまで、10分〜15分程度の近さですので、1日3ボートダイブでも時間的には悠々とできます。アフターダイブも「のんびり」「ゆったり」できます。

ペリリュー島なら、マーメルダイバーズペリリューダイバーズ でダイビング。

こちらはペリリューコーナーもすぐ近く。素朴な滞在、ピーク時期でも混み合わないのが魅力。

 


お勧め 3 アレンジはどのようにでも可能です

オプショナルツアーは

最終日は基本的にダイビング不可です。
カヤックでのジェリーフィッシュレイクやロックアイランドへのツアー、 バベルダオブ島のジャングルの中にあるガラツマオの滝へトレッキング等々、ダイビング以外はインパックのツアーで。

イルカとの遭遇、ドルフィンパシフィック はこのページからご自身での予約です。

 

ダイビングサービスの選択

ボートが大きいのは、デイドリームブルーマーリン


ホテルの選択

ホテルはご希望によりご用意します。

 

 


標準的なコンチネンタル航空利用のコロール滞在日程(6日間の場合)

 
都市名
 
時 刻
交通機関
内     容    
1
日本各地
航空機
コンチネンタル航空で出発。
グアム
午後
  乗継ぎ。米国の通過手続きが必要です。
グアム
夕刻
航空機
空路、パラオへ。
コロール
出迎えを受け、ホテルへ。
2
コロール   1日2ボートイビング (昼食付)
追加の3ダイブ、ナイトダイブも可
3
コロール   1日2ボートイビング (昼食付)
追加の3ダイブ、ナイトダイブも可
4
コロール   1日2ボートイビング (昼食付)
追加の3ダイブ、ナイトダイブも可
5
コロール
終日
この日のダイビングは現地でご相談ください。
翌日のフライトが未明のため、航空機搭乗24時間空きません。
  部屋は出発までご利用頂けます。
深夜

係員が空港にお送りします。

6
コロール
未明
航空機
空路、グアムへ。
グアム
早朝
  乗継ぎ。米国の通過手続きが必要です。
グアム
航空機
一路、帰国の途に。
日本各地
午前
  日本各地空港に帰着。

日本航空チャーター便利用のコロール滞在日程(6日間限定)

 
都市名
 
時 刻
交通機関
内     容    
1
日本各地
航空機
日本航空で出発。(直行、約4時間)
コロール
深夜(未明)
出迎えを受け、ホテルへ。
2
コロール   1日2ボートイビング (昼食付)
追加の3ダイブ、ナイトダイブも可
3
コロール   1日2ボートイビング (昼食付)
追加の3ダイブ、ナイトダイブも可
4
コロール   1日2ボートイビング (昼食付)
追加の3ダイブ、ナイトダイブも可
5
コロール
終日
この日のダイビングは現地でご相談ください。
翌日のフライトが未明のため、航空機搭乗24時間空きません。
  部屋は出発までご利用頂けます。
深夜

係員が空港にお送りします。

6
コロール
未明
航空機
一路、帰国の途に。
日本各地
午前
  日本各地空港に帰着。

 

 

パラオ・トラベルインフォメーション

国名:パラオ共和国
首都:コロール
気候:年間を通し平均気温28℃位。
 雨季の6月〜10月頃はスコールが多くなります。 雨季でも1日中雨になることは少ない。
時差:日本との時差はありません。
言語:公用語は英語・パラオ語。
渡航手続: パスポートの残存有効期限が6ヶ月以上必要ですので、ご注意下さい。
通貨:米ドル ペリリュー島以外、殆どのところでカードが使えます。
  但し、ダイビング許可証や出国税は、現金でのお支払いですので、必要な分の両替は済ませて行きましょう。
治安:非常に良い。若者が夜遊びをしないようにとの目的で深夜0時〜5時までは、夜間外出禁止となっています。
チップ:基本的にはチップの習慣はありません。
交通:公共交通機関はありません。
電圧:110V。日本製品も短時間であればそのまま使えます。
水:水道水は飲料用ではありません。

 

 

最初に戻る

お問合せの頁へ

ホームページへ


Ascent Company Copyright (C) Y. Kawakami 2001-8