パラオ・カープアイランド

Last modified 05 January 2006

 


日本の冬、行き先の定番はパラオです。
ダイビング雑誌の人気投票で常にトップを争っているパラオ。
コロールには良いホテルも増え、ダイビングサービスもたくさん出来ましたが、その分、ちょと「人が大すぎるぞ」と思いませんか。
カープアイランドなら、ポイントに近く、島で出会うのは同じリゾートに滞在している人だけです。

おまけに、ブルーコーナー・ブルーホール・ジャーマンチャンネル等、人気のポイントまで15分以内で行けます。 コロール滞在の場合、スピードボートで1時間かかりますから、これも大きなメリットです。

ダイバーの憧れ・パラオに行くなら、カープアイランドまで行ってみては? と言う事で、 2000年11月に、新人スタッフが実際に行ってきました。


 

 

行き方:
 コンチネンタル航空は関西空港から撤退してしまいました。
 チャーター便の本数は増えました。
 どちらで行くかが考え所です。

  1. コンチネンタル航空の定期便
    成田・名古屋・福岡・仙台・札幌発、グアム乗換え。
    (関西空港からのフライトはありません)


  2. 成田・関西・名古屋発、直行便
    日程は限られますが、往復直行便です。

1)グアム乗換えの基本日程(6日間日程ですが、延長・短縮可能です)

都市名
時刻
交通
  内     容
国内各空港
グアム
パラオ

午後
航空機
CO953
コンチネンタル航空で出発。
グアム乗換えでパラオへ。
出迎えを受け、ホテルへ。
コロール
カープ島

午前

ボート
ホテルから港へ送迎。
コロールからカープへ。
到着後2ボートダイビング。

カープ
アイランド
滞在
    滞在中全食事付き。(2日間)
1日2ボートダイビング。
カープ島
コロール

午後
午後
深夜



出発迄自由行動。
カープからコロールへ。
港からホテルへ送迎。
ホテルから空港へお送りします。

コロール
グアム
国内各空港
早朝

午前
CO954
航空機
グアム乗換えにて帰国の途に。
国内各空港に帰国。

○ 東京(成田)、名古屋、福岡、仙台、札幌、各地空港が利用可能です。

 

2) パラオ直行のチャーター便の場合(6日間の日程のみです)

都市名
時刻
交通
  内     容
各地空港

コロール


深夜
航空機

チャーター便で出発。
(直行便、約4時間)
到着後ホテルへ送迎。

コロール
カープ島

午前

ボート
ホテルから港へ送迎。
コロールからカープへ。
到着後2ボートダイビング。

カープ
アイランド
滞在
    滞在中全食事付き。(2日間)
1日2ボートダイビング。
カープ島
コロール

午後
午後
深夜



出発迄自由行動。
カープからコロールへ。
港からホテルへ送迎。
ホテルから空港へ。

パラオ

各地空港
早朝

午前
航空機
一路、帰国の途に。
(直行便、約4時間)
国内各空港に帰国。


 

カープアイランド滞在とダイビング

部屋タイプ

シーサイド/ニューコテージ 
デラックスコテージ 
カープスイート     
ダイブハウス(男女別相部屋)  

ダイビング

原則、1日2ボートダイブなので、ダイビングの合間はのんびりできます。

コロールの宿泊は

ご希望によりアレンジします。

 

カープアイランド滞在費

 
6月〜10月
12月〜5月
シーサイド/ニューコテージ
US$110.00
$121.00
デラックスコテージ 
US$132.00
$154.00
カープスイート
US$154.00
$181.50
ダイブハウス(男女別相部屋)
US$33.00
$38.50
朝食
夕食
食事代
US$33.00
$38.50
1日2ボートダイブ
US$115.00
空港送迎費用
US$20.00
コロール〜カープ間送迎
滞在者は無料
コロール滞在
US$60程度より

 

 

 

カープアイランド、ここがポイント (^_^)

  1. ゆったりとしたリゾート
    ダイビングのスタイルは、午後の早い時間までに2ボート。 その後は、まるで時間が止まったかのような、ゆったりとした時が過ごせるでしょう。 予算に合わせて各カテゴリーが選べますし、食事の心配も不要です。

  2. 人気のポイントに近い
    ブルーコーナーへも10分程度で着けます。 どこへ行っても透明度が良いのは、言うまでもありませんよね。

  3. アフターダイブも充実
    お買物はできませんが、釣りやシーカヤックの他、島の奥に入っていけばマングローブの群生や、 ヤシガニの巣等もたくさんあります。 スタッフにひと声かければジャングルツアーに連れて行ってくれます。(島にはヤップから運ばれたストーンマネーや鍾乳洞等もありなかなか楽しかったです。動物が好きな人は、犬と遊んでもいいでしょう。 夜は、南十字星や天の川を見ながらボーッとするのもいいものですよね。 とにかく、楽しみ方は人それぞれ。

  4. 言葉の心配もいりません。 スタッフの半分は日本人です。 ダイビングの時もお願いしておけば、キッチリしたケアーをしてくれるでしょう。 実際私は、初めての海外ダイブ(ボートダイブも初めて)でしたが、 不安は少なく、無事にマンタを見て帰ってきました。

カープアイランド、ここが弱点 (>_<)

  1. シャワー タンクに貯めた水を太陽の熱で温めますので、天気が悪い日はぬるいですがご了承ください。

  2. ダイビングの基本は2ボートダイブ 3本目やナイトダイブは現地リクエストで、6名程集まれば…。 本数をたくさん潜りたい人には、ものたりないのかな。 パラオでガンガン潜りたい場合は、クルーズのパラオスポートなどでしょうか。

  3. 雨が多い 11月〜5月が一応の乾季ですが、年間を通して雨は多いです。 ただ、スコール程度のものが多く、台風も通常の通り道からは外れておりますので、グアム・サイパンより安心ではないでしょうか?

  4. 部屋に電話はありません 島に電話はありますが、部屋から日本に国際電話をかけることはできません。



次回はペリリューにも行って、リポートしてみたいと申しております。

 

Data & report by M. KONDO.

 

パラオ&カープアイランドの写真

白砂の島です
只今、ログ付け中
近くでスノーケリング
なかなか快適そうでしょ
夕日もきれいです
芝生の庭
 

お申込み・お問合せ

最初に戻る

ホームページへ


Ascent Company (c) 2001